人事制度

人事評価制度

日本における人事評価制度の役割 1

日本における人事評価制度の役割
人事評価制度の本質的な役割

「ヒト・モノ・カネ」のうち、人的資源の潜在能力を引き出し、事業活動に貢献させる。

問題点

人が能力を発揮するかどうかは、各人ごとの能力向上意欲しだいである。
そうした多種多様な意欲を引き出すための手段として、人事評価制度の適切な運用は必要不可欠なものである。


日本における人事評価制度の役割 2

日本における人事評価制度の役割
  • 日本の労働生産性の低さ:G7最下位
  • 採用シーンにおいても国際競争力において完敗している
  • 「集団」管理(終身雇用、年功型処遇をベースとした)

「個別」管理への移行が必要


エンゲージメント

エンゲージメントと人事評価制度の関連性―意欲を引き出すには

企業の方向性に対する理解 帰属意識 行動意欲
仕事への意欲を測る尺度として最近注目される
「従業員エンゲージメント」

従業員エンゲージメントとは、従業員の一人ひとりが企業の掲げる戦略・目標を適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲のこと。
図の3要素にて構成されている。


日本のおかれている状況

日本企業の従業員エンゲージメントは圧倒的に低い

下記の調査以外でも多くの国際調査で、日本企業で働く人のエンゲージメントの低さが10年以上繰り返し報告されている。

日本のおかれている状況

エンゲージメントが高いとどうなるか

エンゲージメントが高いとどうなるか
エンゲージメントの高い企業は1年後の営業利益率が3倍

「自発的な貢献意欲(エンゲージメント)」の高さに加え、それを“継続的に高く維持”している企業は、エンゲージメントが低い状態の企業に比べ、1年後の業績(営業利益率)の伸びが3倍にもなった。
また同様の調査では、「エンゲージメントのレベルが高い人は、転職や退職の可能性が低い」ことも報告されている。


Q12(キュー・トゥエルブ)

Q12(キュー・トゥエルブ)とは

Q12…従業員や組織のエンゲージメントを可視化するための、企業の業績と密接に関連する12の質問。
※アメリカのギャラップ社が考案。

  • Q1.職場で自分が何を期待されているのかを知っている。
  • Q2.仕事を上手く行うために必要な材料や道具を与えられている。
  • Q3.職場でもっとも得意なことをする機会を毎日与えられている。
  • Q4.この7日間のうちに、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした。
  • Q5.上司または職場の誰かが、自分を一人の人間として気にかけてくれているようだ。
  • Q6.職場の誰かが自分の成長を促してくれる。
  • Q7.職場で自分の意見が尊重されているようだ。
  • Q8.会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる。
  • Q9.職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている。
  • Q10.職場に親友がいる。
  • Q11.この6ヶ月のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた。
  • Q12.この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった。
pagetop